アンチエイジングには必須!?ビタミンDの効果大全

皆さん、突然ですがビタミンDって知っていますか?

勿論知っているぜ!っという人が大半だとは思いますが、ビタミンDが私たちの身体の中でどのような役割を持っているのか、適切な量を摂取することでどのようなメリットがあるのかといったことまで知っている人は、実は少ないと思います。

ビタミンDは私たちが日光を浴びることによって、皮膚から生成されるホルモンです。

しかしながら皆さん、在宅ワークなどの増加から太陽の光を浴びる機会も減ってきているのではないでしょうか?

今回はビタミンDを摂取することのメリットをメインに紹介していきたいと思います。

ビタミンDのメリット

①肌の老化を防ぐ

ビタミンDは体内の細胞一つ一つに対して細胞分裂を促す働きがあります。

つまり肌細胞の細胞分裂を促すことでターンオーバーが促進され、若々しい肌のキープが期待できます。

またビタミンDには「抗菌ペプチド」という、細菌やウイルスから身を守るためのペプチドを肌上に作る働きもあります。この抗菌ペプチドが作られることでニキビや肌荒れなどの肌トラブルへの対処もできます。

②骨粗鬆症の予防

ビタミンDは体がカルシウムとリンを吸収するのを助ける働きがあります。しかしビタミンDが体内で不足してしまうと、せっかくカルシウム豊富な食材を食べても上手く吸収されず体外へと出てしまいます。

そうすると私たちの身体は、自分たちの骨を分解(骨吸収)してカルシウムを得ようとします。このことが原因で骨密度が弱くなり、骨粗鬆症やくる病、骨軟化症などを引き起こしてしまいます。

丈夫な骨は日頃の怪我のリスクを抑えるだけでなく、年齢を重ねた後も活動するために重要なものです。

③筋肉の増強

カッコイイよくて魅力的な身体を作るため、痩せるためにジムや家で筋トレをする人も多いと思います。そのような方ですとプロテインなどでタンパク質を摂取することを心掛けている方も多いのではないでしょうか。

タンパク質を摂取することが重要だということはいうまでもありませんが、せっかく摂取したタンパク質も正しく分解、筋肉内に吸収されなければただのカロリーです。筋肉を作ることもできません。筋トレ効果を得るためには、タンパク質と共にビタミンの摂取が必須なのです

ビタミンDは筋肉内にタンパク質を吸収するのに手助けをしてくれるビタミンです。

ビタミンDの摂取方法

まず皆さん思いつくのはサプリでの摂取だと思います。後述しますがビタミンDの効果を十分に得るためには相当量が必要だということが分かっています。

ビタミンDが豊富な食材としてはキクラゲやマイタケなどのキノコ類、かつお、いわしなどの魚介が当てはまります。

米国食品栄養委員会によると、19~70歳の必要摂取量は600IUとされています。

しかしながら最新の研究によると成人の適正量は約3000IU、太り気味の人で約4500IUであるということが分かっております。

 Nutrients | Free Full-Text | Optimal Vitamin D Supplementation Doses that Minimize the Risk for Both Low and High Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations in the General Population | HTML (mdpi.com)

この研究は過去にビタミンDに関して行った研究をまとめた結果の論文になるため、かなり信憑性は高いものとなっております。

毎日継続して食材から3000IU以上のビタミンDを摂取することはかなり難しいと思います。

基本的にサプリは食事の補助として考えるべきであり、サプリ単体に頼るべきではありませんが、個人的にビタミンDにおいてはサプリとして毎日飲むのが良いと思います。

おすすめは1000~2000IUのサプリを1日2回ですね。

現代人はビタミンDの不足による健康被害が非常に多いとされているため、食事と日光浴、サプリからバランス良く採るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました